スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑単(スタンダード)

ぶん回ったときの強さが半端ではないが、回らなかったときの事故っぷりもまた素晴らしい割り切ったデッキ。
回ればどんなデッキにも勝つポテンシャルがある&時間制限のある大会では引き分けに終わることが無いので使いやすい&疲れないなどから、トーナメントで見かけることは多い。
後で紹介するようにエネルギーブースト系のカードが多いため、大体のデッキ相手に先手をとることができるため、守りに入ると弱い、という大きな欠点を克服することができる。
奇襲要素は生命門が優秀。門はファーザーを呼び出すためにも重要なカードである。
古くはペガサス一体に敗北したり、現在ではニトロカタパルトで即死したりと、いつの時代も速攻デッキにとことん弱い。

注意すべきカード&デッキ
リリースインできるカード全て
速攻デッキは恐らく無理なのでいっそ諦める。

よく使われるカード

バニー、バルカン
序盤のブースト手段。大抵のデッキに3枚。

ナインテイル、クレーターメーカー、蜘蛛の巣を纏うフェアリー
エネルギー差をつける手段。クレーターは強すぎるので制限中です。

小さくて大きな力
相手の意表をつけるカード、と思いきや現在では相手も警戒しているため意外性、という面からは微妙。とはいえその能力は十分。プランするときはエネルギーからプランして、このカードが見えたときに腐らないようにすることがポイント。

妖魔の勇者
エネルギーを縛ることで序盤はテンポを、終盤では詰みをもたらすカード。特にプランコントロールに対しては引導を渡せる一枚。

バードマンソウル
緑ではないが、ドローが乏しく、プランしまくるこのデッキには大抵入る。

生命の門
奇襲要素。ファーザーを出すのにも。

ゴッドファーザー
生命門からのリリースイン、即能力起動で巨大ユニットを引き連れてくる。上手くいけば一瞬で盤面がユニットで埋まる。
パワー6000と除去られ易いのが最大の難点。

ヤマブシドリアード、タイガーアイ、カオスビーストブレーメン、カオスビーストゲンブ
大型ユニット。エネルギーブーストからこれらのユニットを展開することで、盤面を制圧する。
現在ではタイガーアイはダンスパーティなどの影響で少なくなり、代わりに勇者、ヤマブシが好まれる。

バンブーベイビー、幻惑のフェアリー
スマッシュを受けることなく事実上エネルギーをブーストできる。
バニーと合わせる事で序盤の事故率を大幅に軽減できる。

タマゴドリアード
バニーなどと愛称が悪いものの、4コスト7500、相手のプランを阻害と強力なカード。
場合によってはスナイパー、メガトンパンチが紙切れとなる。
これからはバニーを抜くタイプのデッキも出現しそうなほど高いカードパワーをもつ。

密林の古城
基本バンプアップベース。
風車のほうが効くデッキは多く、下手をすると風車出されると終わるデッキすらあるが、同系戦で負けるため大体の人はこちらを選択する。

サンプルデッキレシピ

3 バードマンソウル
3 兎娘キューティ・バニー
1 大巨人クレーター・メーカー
3 象砲手バルカン
3 蜘蛛の巣をまとうフェアリー
3 カオスビースト・ナインテイル
3 ヤマブシ・ドリアード
3 バンブー・ベイビー
3 幻惑のフェアリー
3 妖魔の勇者
3 タマゴ・ドリアード
3 密林の孤城
3 生命の門
3 小さくて大きな力

実は俺自身は使ったこと無いけど、対戦相手の状況から察するにこんな感じ。
後は老衰遺伝子、タイガーアイなりがお好みで入るのかな。
俺の中でデッキを作る際に仮想的として考慮するデッキの一つです。

スポンサーサイト

フィニッシュ要素(DZ)

各色のフィニッシュ要因、いわゆる奇襲のできるカードです。
一応広義で集めてみました。
なので事実上奇襲は不可能なものもリストアップしてあります。
因みに使われているものはこの中の一部なので、それのみ解説。

刹那の魔炎レイザー
神速の魔炎ブラスト
爆砕の魔炎バーン
閃光の魔炎ビーム
旋風のレオ
哀愁のライラ
狂乱のドラコ
マスター心眼ブレード
惜別のジェミニ
魔甲バイク餓狼

赤の自らリリースインするユニット達。
採用率が最も高いのは間違いなく爆砕の魔炎バーン。
2スマッシュユニット、4コストでスマッシュ可能と文句なし。
自陣においておくだけでも、かなりのプレッシャーを与えることができる。
パワーは500だが、踏み潰されることはほとんど無い。
こいつを踏み潰しにいく余裕が無いことがほとんどなのです・・・

魔甲バイク餓狼もそれなりに採用率は高い。
リリースイン+自己スマッシュなのだが、リリースでスマッシュゾーンに行くために、事実上1エネなのがポイント。

ブレードマスターデッキであれば、マスター心眼ブレードの奇襲には十分な注意が必要。

赤き覇王の門
冥界の門
黒き冥王の門
蒼き魔王の門
天国の門
白き聖王の門
生命の門
緑の獣王の門

門シリーズ。
ちなみに赤門以外の新しい門はほとんど使われてない。

冥界の門

黒唯一といってもよい奇襲要素。
性能は非常に高く、勝負を決めるのには早いターンであっても、
プランで見えたときに適当なユニットを出しておけるのでプランで腐りにくいのがポイント。
墓地除外の登場で相対的にかなり弱体化した。タイミングを計らないと、「スタック、ブロンズキットドラゴンプレイ、エリザベス除外します」とか言われて無力化されるので注意。

天国の門

詰めは勿論だが、ウィニーデッキにたいして非常に刺さるようだ。


生命の門
緑の獣王の門

こちらは緑の奇襲要素。
生命の門はブーストからルドルフ、ファーザーを出すゴッドルドルフデッキの重要なお供。
無効化されにくいため、冥界の門よりこちらのほうが好まれるようだ。
反面、中盤ではエネが減るため出しにくいので、プランが腐る要因となるカードでもある。
獣王門のほうは、ファーザーではなく、詰めの段階で適当なユニットをだして殴りにいくデッキに採用される。
パワーが上がるので迎撃されにくくなるため、デッキによってはこちらもありうる。

赤き覇王の門

デッキからサーチしてくるため非常に性能が高い。
いきなり出てくるタイガーアイやカオスヘッド、ジェミニなんかは迎撃が非常に困難。
魔甲タンク馬頭絡みで一気にゲームを終わらせられることも。

ボンガ・ブー

3コスト4000の普通のサイズながら、時々7000になって飛んでくる。
びっくりするほど強いわけではないが、安定性を欠くことなく、奇襲性が上がる、と考えれば無視することは危険だろう。
マッドレースサーキットから飛んできたらかなり痛いです。

ニトロ・カタパルト

1キルを可能にする脅威の一枚。
使われたことが無い人は早めに使われることをオススメします。
初見だとほぼ間違いなくいきなり5点とか食らって負けます。
これからの速攻デッキを支える一枚となることは間違いないでしょう。


細波の入江の魔女
水底の歌劇場
流氷の大陸

青のリリースイン付加カード。
魔女は軽いかわりにユニットなので除去されやすいのと、ほぼ自陣限定と、移動コストが軽くならないデメリットが大きい。
歌劇場は重い代わりに、敵陣含めユニットを出せる。
流氷は歌劇場よりは軽い代わりに、1ターン1回のみ、しかもノーマルタイミング。
歌劇場はプレイ、流氷は置く、なのでプレイされたとき~のような記述のカードは流氷では効果を発揮してくれない。
ただ、プレイではないので支配者の杯などのカードの影響は受けなくなるので、どちらがいいとは一概には言えない。
ベース割がはやっている環境では、流氷を使うほうが良いだろう。

マーダラー・マンティス

元祖奇襲要素。
ファーストセンチュリーでは幾度と無くこのカードで勝負がついた。
今は全く使われていないことからカードパワーの増加が見て取れる一枚。

月夜の海の魔女

4ターン目にギムレットを降臨させるために使う人が多々みられた。
最悪自分自身をリリースインさせられるため、単独でも奇襲可能。
4ターン目にギムレット、タイガーアイなど大型ユニットで殴りかかれるが、ダンスパーティなど対大型が充実してきたことと、相変わらず失恋が流行っているため安定性が悪く、メタの一角にはいるまではいたらない。

パラドクス・ストーム

単純に自分自身のユニット2体を入れ替えて奇襲要素とするだけでなく、中央投下スタックで自分のユニットを守ったり、相手の大型の移動スタックでルールによる破壊を狙ったりできるため、青メインのデッキにはまだまだ投入されるカードである。
流氷の大陸に押される&プランでの腐り具合などから、段々使用割合は減ってくるかな。




---- 一覧 ----
刹那の魔炎レイザー
神速の魔炎ブラスト
輸送戦鬼貪欲丸
爆砕の魔炎バーン
投擲戦鬼竜巻王
王家の墓標
フレイム・ソウル
閃光の魔炎ビーム
弾幕を張るロザンナ
前線のフェアリーリング
ドラゴン・スクリーム
旋風のレオ
引く潮シララアン
哀愁のライラ
マスター心眼ブレード
狂乱のドラコ
満ちる潮シララエピス
思いがけない援軍
魔甲バイク餓狼
惜別のジェミニ
陽光の魔炎コロナ
ボンガ・ボンガ・ボンガ
拳闘戦鬼豪腕丸
魔甲トレイン天龍
アンダーグラウンド・メイズ
紅き覇王の門
スピードスター・ドラゴン
ボンガ・ブー
湧き出る泉シンプイ
魔甲ソーサー火車
闘神シラサギ
蒸気吹く天守閣
ニトロ・カタパルト

冥界の門
螺旋童子
黒き冥王の門

細波の入江の魔女
ドレッド・ドラゴンフライ
ギガント・シーアネモネ
珊瑚の森の魔女
ギガント・オクトパス
ホバリング・ホーネット
マーダラー・マンティス
真珠貝の褥の魔女
ギガント・リヴァイアサン
水底の歌劇場
パラドクス・ストーム
月夜の海の魔女
嵐の海の魔女
エビライダー
歌声の魔方陣
無限海溝
ロンリー・ローカスト
サンダードレイク
流氷の大陸
蟹の穴
目覚めのキス
蒼き魔王の門
ビッグ・ビー
シェル・フリゲート
無敵艦隊の旗艦
サプライズ・アタック

天国の門
躍りかかる獅子
待ち受ける獅子
慈悲ある裁き
スターフォール・ペガサス
ライトスピード・ペガサス
犬闘士ケルベロス
ペガサス・スパート
白き聖王の門
ドライブフォース・ペガサス

生命の門
緑の獣王の門

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。