スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


京都オフ限定デッキ

京都オフ会ではコモンアンコモン限定構築戦するみたいですね。
俺が出るとしたら・・・という感じで考察。

最も重要なのが、対戦形式がガンスリンガーであること。
次に、コモンアンコモンであること。
当たり前だって?ま、得てして当たり前の中に真理があるのですよ。

ガンスリンガーということで時間が少しでもかかるデッキは無理。
例え勝率10割だとしても。
仮に速攻デッキならば10分で5試合、勝率3割と見積もった場合、10分で1.5勝、つまり7分で1勝ペース。
つまりこの見積もりでは7分以上かかるデッキは選択できないのです。
時間がもう少しかかる試合もあるのでは?という疑問もあるでしょうが、速攻デッキ側は時間がかかりそうだなーと思うデッキ相手は5ターンくらいで勝てなそうなら投了でOKなことを考えると、対戦時間はこのくらいで収まるものと思われます。
(ちなみに、俺は遊びでもルールの中で勝ちに行くべきと考えてます^^;故に相手がガーディアンなら下手すると1ターン目投了w)

となれば、使うデッキは速攻以外ありえません。
万が一、大部分が速攻メタの時間がかかるデッキ、という場合を除けばこの選択以外では勝てません。

さて、次にコモンアンコモン戦であること。
レアが無い=強力なトリガーの大部分は抜けている、ということです。
コレも、純粋な速攻デッキには追い風となります。

速攻といえば~というデッキをいくつか

赤単
緑単
赤緑
青単
赤白
赤黒
黒単

このくらいでしょうか。
どれも、そう多くのレアが入っていたわけではなく、戦力がほとんど落ちません。青単を除いては。青単はムリです。
この中から選んでおけばそう多くの間違いは無いでしょう。
チナミニhiro君は赤白、わるろうさんは準黒単と赤黒のレシピをあげてあります。
他にもFB他、昔の黒、赤の速攻デッキを参考にするのも悪くないでしょうから、とりあえず見てみるといいでしょう。

個人的には、赤白がいいと思います。
1マナクリーチャー、フンヌーによる速攻の追加、ジルワーカによる圧倒的な同系の優位性。どれをとっても最強といっていいでしょう。
ただ、俺なら速攻しかいない環境と読むので火炎流星弾は抜きます。
トーナメントではなくガンスリなので、ブロッカー多く入ってたら投了して次ぎ行きましょう。
城塞は恐らくスクラッパーがない以上サーファーと並ぶ最強トリガーなので4にするという手もあります。
相手も速攻なので、手札に1枚くらいはいらないカードが合っても十分回るという計算もできますし。

まあ同じのを上げても・・・ってことで一つデッキでも。






オールトリガーデッキ。
相手は必ず攻撃してくるので刺さる。
まあコレも研究すべきとは思うけどもう一個は続きを読むから。



続きを読む
スポンサーサイト

ボルメテウスコントロールレシピ

4 地獄スクラッパー
1 ドラゴン・シャウト
2 ボルメテウス・レッド・ドラグーン
1 宣凶師ベリックス
1 光波の守護者テルス・ルース
2 マーシャル・ロー
1 予言者マリエル
1 暁の守護者ファル・イーガ
2 光神龍スペル・デル・フィン
4 クローン・バイス
1 スケルトン・バイス
1 リバース・チャージャー
1 インフェルノ・ゲート
4 デーモン・ハンド
1 魔龍バベルギヌス
1 エメラル
1 パルピィ・ゴービー
2 パクリオ
1 アクアン
1 サイバー・ブレイン
1 ストーム・クロウラー
4 魂と記憶の盾(エターナル・ガード)
1 アクア・リバイバー
1 炎槍と水剣の裁(さばき)

同系戦とバジュラズソウルを強く意識した形。
シュノークラ系でなくローを多く採用し、バジュラズ相手限定の柔軟性、頑強性のアップを図っている。
同系に対してはデルフィン2、ゲート1、バベル1という構成で、一方的にデルフィン張れないかなあと考えて採用。
加えてパクリオを2枚にすることで、ボルメテウス、デルフィン、バジュラズをシールドに送り込み、こちらはエメラルで回収できるという、シールド埋め合戦にも有利。

赤の火力としてはシャウトを採用。余り見受けられないけどWSやペトローバはやはり面倒な存在。
同時に対策できるものとしては他にアポカリプスデイがある(両者とも5対以上並ぶことが普通)が、色調整の意味も兼ねこちら。

対して、ファルイーガ、ベリックスなどの回収が少なめな為、全体的な柔軟性は損なわれている。
超アドバンテージは諦めて、ストームクローラ2、エナジーライト1という構成にすることも考慮中。

難点はBRDを持っていないためDMvaultにて調整しているが、
相手がガチデッキである可能性が少ないため有効かどうかの検証ができないということかw

ガッツンコン更新

4 ガッツンダー
2 地獄スクラッパー
3 バジュラズソウル

2 マーシャルロー
3 ペトローバ

4 クローンバイス
2 リバースチャージャー
1 スケルトンバイス
4 デーモンハンド

1 パルピイゴービー
2 パクリオ
1 ストームクローラー
1 エナジーライト
1 サイバーブレイン

4 キーン
1 炎槍と水剣の裁
4 エターナルガード

とりあえずマーシャルローを積んでみた形。
激しく微妙。特に色バランスとスクラッパー2枚なところ。
パクリオ2枚は除去ボルメ対策。
現在の除去ボルメはボルメ2、ゲート1、ストクラ1がベースなので、
ボルメテが全てマナかシールドに行ってしまえば殴りきられる心配がほとんど無くなる。
カラー的に大地が入らないので、ボルメテはマナにいくか(そのかわりクローラはマナにおかない)、手札にあるかなのでそこを狙い打つ。

呪文メインの形になっているが、クリーチャーメインも考えている。
もう少し練ったら公開予定。



ゲートデッキ作成メモ

ゲートといっても憎悪と怒りの獄門のほうね。
Mなみさんには鼻で笑われたので、今度叩きのめして差し上げたい。
運よく一回目に勝って勝ち逃げしたいな・・

ゲートデッキの勝ち手段としては以下(組み合わせ有り)

1. ボルカニックアロー、灼熱波、シールド破壊クリーチャーなどでシールドを割りつつ展開と除去を行う。

2. ファントムベールを使い、こちらはブロッカー展開、トリガー満載などで敵を除去しつつ、隙をうかがう。

3. 逆転のオーロラ、デビルドレーン使用で1キル

4. ラッキーダーツ使用でシールドを減らしつつ、強力な呪文を使う。

5. クリスタルフュージョンからの上記いずれかを連続使用し1キル

敵の攻撃をただ期待するのは勿論論外。

フュージョン使っての1キルなら、他にもいくつか存在する。
例えば、バーレスク、生命と霊力の変換+悪魔の契約からの無限ループ、ジャガルザー+呪文の化身で殴りきるなど。
(他にもあるかな)
とりあえず5.を選んだ場合、獄門よりフュージョンデッキとしての側面が色濃くなるので、
同じ系統であるそれらよりも優れていなければデッキを作る意味が無い。
ゲートのほうが弱いなら素直にバーレスクつかっとけって話になる。
そのカードを使いたいからといって、メタデッキに勝ち越せないのはまあ仕方ないとして(全く勝てないのはそれもまた論外)、少なくとも同じようなコンセプト、シナジー、パーツを使った他のデッキより、
明らかに劣ったデッキを作ってもしょうがないのだw

同じ理由で1.2.の方針で行く上で一番困難なのは除去メインなら除去ボルメ、ブロッカー満載ならガーディアン、トリガー満載ならカウンターステロイドを
超えたデッキにしなければいけないこと。

可能性が高そうなのは3.及び4.。個人的に4の形は好きではないので、
まずは3.の形を追っていくことになりそう。

まずは色構成から始めるかな。
主な利点は
・赤、黒は確定
・白はブロッカー、マナ回収、墓地呪文回収、スペルデルフィンがある
・青は強力なマナ回収がある、ドローも豊富。
・緑はマナブーストがあり、大地がある。
5色では無理だろうか・・・

ガッツンダーコントロール(アマコン)

ガッツンダー+バジュラズソウル+ペトローバで場を制圧して、
状況を見てシールドを割っていくデッキ。
2ターン目ガッツンダーが理想。
3ターン目にクローンバイスorガードorライトorキーンなど、。
4ターン目ブレインorバイス、5ターン目ペトローバorバジュラズソウル。
はまれば非常に強い反面ガッツンダーを欠くと一気に制圧力が落ちるのが難点。
墓地回収を豊富にし、ガッツンダーを回収しながら戦いたい。
また、コンボ成立までに場が寂しい状態が続きかねないので、その間に相手に殴り殺されないよう、危険だと思えばバジュラズよりも除去、ブロッカーの展開を優先すべき。
そこそこの数のブロッカー、トリガーを有し赤単にも戦える(と思う、未検証)が、青単のパシフィックチャンピオンに対しては厳しい。

アーマロイドコントロールというには既にアーマロイドの数が減りすぎているので
ガッツンダーコントロールと呼ぶほうが適切な気がする。

以下カード解説

ガッツンダー
デッキの核。アンタップ状態のクリーチャーを殴れる&P6000↑を殴れる自身の能力+バジュラズソウルの+2000や、ペトローバの+4000を生かし、
毎ターン相手のクリーチャーを消し続ける。

ペトローバ
4000アップは強烈。
自身の選ばれない能力は、シールドをすべて叩き割った後の攻撃約にぴったりである。

バジュラズソウル
マナ破壊。起動まで都合10マナかかるので、うまく相手の隙を付いて張ることが重要。



現在の構成は

4 ガッツンダー
4 地獄スクラッパー
3 バジュラズソウル

2 ベリックス
3 ペトローバ

2 ダークヒドラ
4 クローンバイス
1 リバースチャージャー
1 スケルトンバイス
3 デーモンハンド

1 ストームクローラー
2 アクアサーファー
1 エナジーライト
1 サイバーブレイン

4 キーン
1 炎槍と水剣の裁
3 エターナルガード

これからの指針は
1. 除去ボルメテウスを想定したデッキ調整
2. 青単相手を想定したデッキ調整
かな。
もう少しハンデスがほしい所。
後はスペルデルフィンは投入すべきか。
しかしいろいろいじっているとどうしても除去ボルメテになってしまいそう。
違うデッキなのだから方向性を変える一手が必要なのかな。

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。